部長と飲んだ(エリートを馬鹿にする遊び☆)

クラブ系アーティストをキャスティングしたプレゼンに参加

普段はJOB的にあまり絡みが無い部長と久々に仕事してます。某クラブ系アーティストをアイコンにした案件で、既に企画は決まっていて、プレ用のムービーだけ頼まれたという流れ。その某アーティストの音源は全て持っているので、ableton liveで1分ちょっとのヒットメドレーを作り、お世話になっている映像製作部隊に2日で仕上げてもらいました。実働スタッフくんがファンだったので、ツボ押さえた映像に仕上がってよかった。

クラブ系っつっても中田じゃないので、担当者がクラブ系に対するリテラシーが低いとモロに三振なんだが、なんと

「僕、彼のCD全部持ってるんです。先日もDJ聴きに行きました」

というモロに突き刺しちゃった感じで大成功!とは言え、おじいちゃんの判子貰うには厳しいネタなので、更なる武器を作って再プレに挑みます。

・・・そんな作業をしていて、既に0時を回った頃、部長が「腹減ったから飯行こうぜ」と久々に誘ってくれた。深酔いしたので流れは忘れたが

・なんで代理店であり、ウチにいるのか
・変態とSMと文学
・キリスト教の醜さ

について熱く語りあった。

なんで代理店であり、ウチにいるのか

部長はよく

「俺らはゲリラなんだよ。だから面白いんだよ。」

と言っているが、自分は対消費者に対するゲリラだと解釈しており、

「だったら電通の方が資本も政治力もあってやれる幅が広いから、そっちの方がいいな」

と思っていた。特に金と政治で不本意な結果になる事が多いので・・・。

既に自分でも書いていた事であったが、電通が人間ならば、ウチはゴキブリなのだ。しかし ゴキブリに人間が困る姿というのは、醜くて面白い。殺虫剤を持っているのに、焦って殺そうとする上に、逃げられたりする。近寄ると人間が逃げたりするw

「お前踏み潰せば一瞬な上に殺虫剤まで持ってんのに、ビクビクしすぎじゃね?」

と、エリート気取りの連中を馬鹿に出来るのが、ウチにいる事の旨み だと分かった。

そぉいえば、電通とチームワークしなきゃいけない事があったんだが、彼らは客先の前でボロが出ない様に汗タラタラだったな・・・w

変態とSMと文学

僕が思う広告ってのは人を犯す事です。僕はWADAに犯されました。ケツの穴から腕入れられて、内臓をぐちゃぐちゃに破壊された様な犯され方です。ウチの若い子はそんな犯され方を体験していないのに、人を犯さなきゃいけないこの仕事が出来るのか不安に思います。

と言うと、

「そうなんだよ!・・・しかしお前、村上龍みたいな事いうな・・・w」

という流れからSM・文学の流れへ。

部長は文学青年であった。そしてM男 だw 女王様と付き合っていた過去があり、「私は変態だ」と言っていたのが、強烈だったとの事。(社内でも明確に本人が言っている)

一方自分は、村上龍も渋沢龍彦も三島由紀夫も一切インプットしていない。プライベートならまだしも、仕事でもこっち方面の人と繋がってしまうってのは、縁だなぁ・・・w

言葉という意味で、最近歌詞にハマり、岡林信康に共感しまくっている事を伝える。

「お前は・・・俺が岡林に行くまでもっと段階あったぞ。そうだよ。あれが答えなんだよ。更に深くいくとボブディランってのがあるんだけどな」

と、ファイナルアンサーを教えてもらってしまう。自分がLSDやらないのと同様、既存の答えを知ると個性も勢いも無くなる と思うんで、ボブディランは避けなきゃいけない な・・・。

キリスト教の醜さ

部長の奥様はプロテスタントだ。部長も牧師と話た結果「あなたには必要ないですね」と言われてしまったとの事w

この話をいつも楽しそうに話す部長だったが、

「・・・だから俺は孤独なんだよ・・・」

と、仲間を欲しがっている匂いを感じたので、

「奥様には失礼ですが、キリスト教はどっちも矛盾だらけなので、僕は大嫌いです!」

と言い切った。

「そうだよな!あんなの信じられないよな!」

と、一気にテンションがあがる部長w 部長とはいつかこの瞬間が起こると思っていたが、自分でも不意打ちな感じでちょっとびっくりだった。

・・・とまぁ、オチはないんだが、最近テーマだった3つについて、孤独繋がりの部長とがっつり話せた。以前

「もっと喧嘩しろ!憎しみを持て!」

と言われたが、よりピント合わせて理解出来たな。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)