悩ましいマストバイキャンペーン

最近なんだかちゃんと日記になってきているw

別件で一定のコミュニケーションデザインが出来た☆

先週は “WEB中心でイベントに落としてレポート化して〆” という、ちょっとコミュニケーションデザイン出来た様な社内ブレストがあった。車案件とは違いスラスラと20pぐらいの企画書が書けて、流入施策(媒体じゃない)とメインエンタメ施策と、拡散施策(リアル含む)で10案もまとめられた。そして全てが絡みがあり必要性があるものに出来た。

myspaceを活用したマストバイキャンペーン

マストバイキャンペーンは、買う理由付けが “ただのインセンティブ(モノ)吊るし” じゃなくするのが何時も悩みなんだが、myspaceを活用した音楽施策としてコミュニケーションを吊るす施策が出来た。myspaceにも喜んでもらえたし、営業もテンションが軽くなったので、ちょっとナルシズムに浸れているw

しかもウチのスターマーケッター○○さんが入っている案件。彼も真剣に話を聞いてくれた。

すぐタレント頼み…

で、今日は○○さんが各自のアイデアをまとめて、再考するMTGがあった。自分の企画も生きているが、目に見える骨格だけで、

「じゃぁ流入は?拡散も踏まえないと知る人が限られる・・・」

という感じになっていた。もちろん予算の問題から発しているのだが、更に得意先がタレントアイコンCMがお好きな傾向なので、営業はキャスティング案で盛り上がる・・・。

自分も車案件では、”資生堂で江頭” 的なキャスティング案を妄想して1人で爆笑してたりもするので、分からなくはないんだが、CM打てない予算だからこそ、タレントアイコンに頼るんではなく、コミュニケーションの導線設計が大事だと思うんだが・・・。(たまたま上手く整理出来たので、そぉ思っているw)

そしてパブ狙いに軸足がズレてくる。

・タレントアイコンでパブ取れる。短期的だが山はでかい。接触する人は多いが深くない。

・ユーザー同士のコミュニケーションによって、ロイヤリティー向上と新規ユーザーの取り込みを実現。長期的に深く接触出来る。

こぉいう感じで、得意先・流通には前者だろう。既に自分がやりたい方向性は長ったらしいと言えるw

得意先や流通を動かすには分かりやすさが重要。・・・でもそれならWEBは告知ページだけ作ってCM打った方が良い金の使い方だ。最初のMTGで

最初に釘刺したんだけどなぁ…

“WEBはあらゆるタイプの施策が出来るが、1施策で全てがまかなえる魔法の玉手箱ではない!”

と初めて絡む営業も居たので釘刺していたんだが、なんだか嫌な方向に進んでいる感じ・・・。

たまたま上手くまとめられただけに、自己擁護したい為に反発しているのか、本当に良い施策としたいからなのか、自分で分からなくなってくる・・・。

実施は様々なバイアスに影響されるので…

まぁ、最近思うのは所詮納品物なので、社内ブレストの最初のアイデア・想いをブチ撒けた時点で、8割方の仕事は終わっていると感じる。実際の施策がどうなろうが、ど~でもよかったりはしているw

一応スペックは満たしたが…

MTG後、予算を上手く使いつつ、タレントも出しつつ、ユーザー同士のコミュニケーションを生みつつ、WEBテクノロジー的にも新しい見え方がする案が出来たが、スペックは満たしてるだけで、なんか面白くなさそう。WEBだからこそ出来るデフォルメ体験は入れたが、リアルを薄めた廉価版体験的な感じが残ってしまった・・・。実施したら広告・WEB屋の中だけの話題で留まるって感じのヤツだw

ま、一年前よりマシ☆

・・・しかし一年前は

「また100万でブログパーツかよ!」
「また300万でキャンペーンサイトかよ!」

が口グセだったのだが、大分変わったなぁ。

※金額のでかさの問題じゃなくて、100万でユニクロックしたいとか、300万でAXEしたいとか、そぉいう無理な話ばかりだったので。ちなみにこの案件の予算は3000~5000万。

車案件のように時間に余裕はないのだが、ブレイクスルーしてみたいなぁ。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)