社会に母性を求める幼稚なヤツばっかだな(2023年まとめ)

目次

  1. はじめに
  2. トピック(引越し)
  3. 社会雑感
    1. 政治
    2. 経済リテラシー
    3. 理想の人間像
    4. 戦略が実質無い
    5. 優秀さの定義がグローバルで通用しない
  4. 飲み屋にて
    1. 幼稚な性依存女たち
    2. 2月。飲み屋で客に連続で絡まれる
    3. セクハラインド人
    4. 指差ししただけで「殴られてぇのか!表出ろ!」と怒鳴る客
    5. 容姿の若さ
    6. 周囲からの期待
    7. デジャヴ的な
    8. 大衆に犯される東京
  5. クラブ
  6. 凋落する思想
  7. 問題あるヤツに共通する背景
  8. 恋愛
  9. マッチングアプリ
    1. 女性の傾向
    2. フックがないプロフィール
    3. ヤバいプロフィール
    4. オススメのロジック
    5. バカばっかり
    6. ただ我侭なだけ
  10. 音楽
  11. 2024年の過ごし方

はじめに

まずタイトルである

社会に母性を求める幼稚なヤツばっかだな

は、今年言語化出来る様になった学びの成果だ。別記事にした

警備員(工事関係者)やってるヒトに共通する背景

と本記事の

ただ我侭なだけ

に詳細記載した。

トピック(引越し)

またあっという間に一年が過ぎてしまった。昨年同様 “惰性” であった。一応秋以降から外注出来る資金が出来たコトに伴って、個人仕事(外注リスト制作・要件定義)に集中し飲みの機会は減らしている。

ホームレス明けから続くテーマは “健やか” であって、求めるコトは会社員時代、ホームレス時代、不安ばかりだったので 『悪いコトなきゃソレでイイ』がベース。

何も無いコトに物足りなさを感じたり、適度なストレスが欲しくなったりしていたが、最近は慣れたのか諦めたのかw ただ時間が過ぎている感じ。

初夏に長期間体調崩していたが現在は問題無し。日に日に身体への配慮に思考が奪われる瞬間が増えてきたなw

大きな事象としては、念願の引越しを果たした。

夢であった風呂有りの家に引越しした☆

本記事のアイキャッチ・背景の写真は現在のデスク周りだ。

マシになったどころか、『ソコソコいい』家になった。4畳半程のスペースは、ほぼ荷解きスペースになってるしw

ただ問題もあって、隣の家(アメリカ系黒人)が、一日中陽気に歌っててめっちゃ煩い…w 一緒にノレるレベルで爆音で音かけてたりするし、トレーニングのウエイトを落としまくったりもしている。

管理会社に相談したら別部屋の住人かもら過去に苦情があったとのコトだ。今の今は大人しくなってくれてるが、新たに問題発生。

芳香剤の臭いが強烈にウチに流れてくるのだ。ウチでお香やってるかのレベルで臭っている…。目痛い…住居運ホント悪い(涙)

とりあえず照明スイッチやインターホン、壁コンセント等、臭いの侵入口をテープで止める対処をして、”幾分マシ” 程度な状況である。

貨幣獲得

7月に引越しをし大金使った上に、既存の収益は減少傾向で冷や汗状態だったが、新たな収益が爆伸びしてくれていたお陰で、ペースとしては過去最高時(2021年中頃)と同等。

こんなランチも出来る様になっている。

おいおい友人が数人住んでるお高いマンション

に住もうと思えば住める様になりたいな。(狭い間取りの部屋なら今の家賃と同等なんで行けるけども)

念願だった海外対応(英語サイト)にも力を入れ始めており、今後は緩やかに伸びていく見込み。

※協力者と連絡取れなくなり保留中。

暗号通貨リテラシーが高い飲み友が居るのもあって、報酬の一部は暗号通貨(イーサリアム)での受け取りを行っている。

マイナンバー取得して金融サービス申し込み出来る体制も整えた。

収益が一つだとソレがコケた時に地獄見るのは何度も経験したので、より複数の収益ポートフォリオの構築を目指している所。

山あり谷ありだが、比較的高い位置での上げ下げになっているので、やはりメンタルの安定に繋がっている。

社会雑感

政治

コチラが指摘せずとも、凋落する日本が明確となってきている。状況は確実に良くない。

裏金疑惑を向けられている自民党の連中、典型的な “社会では無能だから自民党議員やってる” な顔ぶれ である。

裏金やら不倫やらの細かい事象はどうでも良くて、“権力無いと飯食えない無能なヒトの集い” が自民党を筆頭にした日本の政治である点を認識する機会になって欲しい と思う。

こぉいうのとか。

そもそも落選したら

こんな行動に走る様な連中なのである。

しかし、『増税クソ眼鏡』等、岸田クン、自民党に対する正当な批評が増えているが、ネットで声を上げてるのは所詮全国民の1%以下。

リアルな会話ではそういったトピックは起きないので投票率も上がらず

こぉいうバカ国民も多いので、今後も凋落していくのだと捉えている。

個人的にはヒトを蹴落とさなくても勝手にコチラの偏差値が上がっちゃうので、ある段階までは悪い風向きではなかったりはする…。

意識するべきは国内で偏差値高くても地球上では大したコトないという事実だ。そして貨幣的に既存のバカ日本国民がパソコン、スマホ持てない状況になったら、コチラも厳しくなるのである。

経済リテラシー

グローバル資本主義である認識になってない。情報としても日本以外知らない者が多い。

相変らず目の前の権威依存を続けてるだけの労働市場に思えて仕方がない。

こぉいうのが労働市場に投入されるのが日本社会である。当然の結果ではある。

理想の人間像

目の前の課題に対する対処療法的なトピックが多いが、現在の課題が解決した場合の、理想的な人間像への考察が無さ過ぎる 気がしている。

戦略が実質無い

社会に溢れる事象の殆どに対して、マクロ視点、ミクロ視点が整理されていない印象。間違いなく施策がどちら起点なのか理解出来ていないのが読み取れる。

この場合、労働疲弊履歴にしかならず結果は伴わない。

優秀さの定義がグローバルで通用しない

日本が経済的に凋落する幹は

“従業員”(言いなり奴隷)

を求めるからだ。

お上が優秀ならば、言いなり奴隷を集めておけば良いが、お上も言いなり奴隷だから疲弊履歴の蓄積しか起きてないのである。

飲み屋にて

幼稚な性依存女たち

以前はそんな女が居るのはボノボぐらいだったのだが、自尊心ケアの仕方が『股間』でしか出来ない幼稚な女が増えた模様だ…。

そら世界を牛耳ってるのはオマンコであるのだが、持ち主が幼稚では途端に “汚い股間” でしかないのだ。

性依存って “未熟” であって、向けられた男性においては普通に失礼 なんだよな。性別逆だったら普通にセクハラだし。

その日のチンコ探しでコチラを標的にされちゃぁ、色んな意味で舐めんなよ なんであるw

幼稚な女子もそうだが

“本来はターミナル駅の繁華街(新宿・渋谷)で飲むべき者”

が、青山周辺に浸食してきている。コレは東急の渋谷再開発が大きな要因だと見ている。

要は

“渋谷で留まるべき者が周辺地域に滲んできている”

というコトである。

チンコに人格が付いたヒトらしき生き物

に記載した様なのが性別問わず増えているのだ。

“女性の社会進出”

やらによって、男女ともに質の悪いおっさん化が進んでいる というコトだろう。

2月。飲み屋で客に連続で絡まれる

ヒトに絡む、サイテーな何かの生き物である。

また、とある日、コチラの会話に割って入ってきた60代おっさんが唐突に

「キミとは話しないっ!!!」

と突然キレやがった。彼の得意領域において、コチラの方が上っぽかったので、マウント取れないコトにイラついたのだろうが…w

セクハラインド人

10月。コート神宮前に住むインド人が暴れて警察沙汰になる。

コイツ、以前から周辺の飲み屋で煙たがられてるのだ。

で、後日、嫁と娘を連れて謝罪しに来たらしいが、菓子折りもグラス代の補填も何もない。

ちゃんと嫁、娘に

「セックス好きじゃないのか? って言って女性客に触れちゃった…」

と説明していないクズっぷりも露呈。

飼ってる犬は、散歩中に他の犬に噛み付きまくる等、サイテーな生き物である。

指差ししただけで「殴られてぇのか!表出ろ!」と怒鳴る客

最近コート神宮前に引っ越してきた上級ホステス(たまに上客と旅行行くのが仕事で現場にはほぼ出ない)と彼氏のホスト君に対して、怒鳴り始める客が居た。

直前にホスト君が指差しで会話した瞬間があったのでソレにキレたのだが、朝4時の段階である。誰しも指差し程度はやっちまう時間帯であり、許し合わなければならない時間帯だ。

何度も同じ状況を見ていたら注意ぐらいはしても良いが、恫喝でしかないのである。店主が身体張って止める状況であった。

コチラ:「しょ~もない対象(恫喝客によるホスト君の定義)に絡まなくて良いんじゃないの?」

恫喝客:「ソレは貴方の考えでしょ?」

コチラ:「そう。その通り。そして貴方の考えも貴方の中の考え。ボクら同じだね♪」

そんな感じで恫喝客を混乱させてw とりあえず大人しくなったので、ホステスちゃん、ホスト君を逃がしてやった。

恫喝客は、上級ホステスちゃんを連れてるホスト君に嫉妬してるだけなんだよな。…ダサイ。

容姿の若さ

以前からであるが、『容姿の若さ』を指摘される機会が更に多かった。

4つ年上のヒトから15歳下(実年齢より10歳前後下)と指摘されたり…w

この写真は自分でも若いと思うなぁ。

ま、一応バイト時には日焼け止め塗りまくってはいるw

周囲からの期待

多くの方から “バーテン” をヤル事への期待が高い。占い師にも言われる。えびちゃんからは

「神二ではやらないで欲しい。客取られる…」

と言われるw

自己判断としては

“ハマる対象(客)が少な過ぎる”

という感じ。バカ騒ぎするヤツ嫌だからメンバーズになるし な。

税金対策でバーやるぐらいの余裕があったら実現するかもしれないなw

デジャヴ的な

二月末。「今日、新宿に居ませんでした?」「もしかして渋谷居た?」とそれぞれ別のヒトから言われる。

フランス人に道を尋ねられたりetc. 連続してフランス語を喋る機会が続いた。

距離が近付くだけでなく遠くなるのも含めてヒトとの縁を感じる。あと遠くなってはいるものの、切れない縁とかな。

大衆に犯される東京

クラブ

クラブも酷いもんである。

凋落する思想

比較的まだあった領域においても

“テメェのモノサシ”

が無い方々の割合が更に増え続けている。結局彼らが出来るコトは『憧れと他者評価依存』なだけ。

そぉいうのを “文化” とか定義したりする社会になってるが

「日本語大丈夫?」

ってな感じである。

体験した上でならともかく 知識から得ただけの熱い事象を “そのまま引きずる・流用するコトを文化と言う” ヒトが多い 訳だ。

今のテメェらがナニを達成しているか、今一度考えて…考えるアタマが無いからこそのイマなんだから酷である な。

問題あるヤツに共通する背景

モラルや精神面で社会上、課題を抱える者に共通する背景が概ね分かった。

“愛の無い母親に育てられた者”

だ。

“母が居ないが祖父母などからは愛された” 等のケースは問題ない。むしろ良い場合もある。反面教師として母を認識出来ていれば、むしろ肥しとなるケースもある。

だが 反面教師として認識出来ていない母を持つ子は社会との整合性が取り辛い傾向がある。

警備員(工事関係者)やってるヒトに共通する背景

に詳細を書いた。

恋愛

恋愛において。邪魔が入る気がするんだけど…。

に記載した通り、何も起きていない。上に

相変らず引き離される雰囲気は続いているw

「コチラさんにハマるヒトはハマるwww」

といった指摘は昔から多く最近も指摘されるが、昨今の東京では母数が少な過ぎる 印象だ。幼稚、おっさんモノサシで自尊心の担保に走る者、等はプライベートでは当然要らないのだ。

1つ女性から忠告されたのだが

「精神的にカッコつけ無さ過ぎ! 最初からダメな部分出し過ぎ! ホームレスだったコトとか喋らないの!!!」

いずれバレるならダダ漏らしで良いのではないかと思ってはいる。そんなコトで減点評価されるならば、そもそも起きないのである。

マッチングアプリ

飲み屋ではいつも同じ常連ばかりで飽きてるし、飲み屋でのトピックとして面白そうなので、マッチングアプリを初めてみた。

女性の傾向

保母、介護、障害認定者、帰国子女、子供居る、ぽっちゃり以上、酒飲めない、男性アイドル好き、ディズニー、KING GNUファン。

ド普通とマイノリティーばかりw

で、30代の女性において “10歳以上離れた年下好き” ってのも多い。

「若いの好きなおじさんキモい」

と言う女子が居るけども、お前らもだ、というかお前らこそだ と思うわ。

フックがないプロフィール

「休日はお買い物に出かけて、美味しいモノを食べるのが好きです。でも家でゴロゴロしたりも好きです」

まぁ、そりゃそうだろう。

「お互いが自然と笑顔になって、何気ないコトで笑い合える関係が理想です」

当たり前なコトだと思う。

何を持ってして自然と笑顔になりやすい(事象発生の条件・背景)かが書いてない。書いてあるのは

「ディズニーが好きです」

ぐらいだ。

ヤバいプロフィール

  • プロフィールの文書が変。「年下でドライブ好きです」etc.
  • しかめっ面でメトロの駅でのセルフ写真をプロフィールに設定。
  • ペットの糞尿で着色したペットシートが映ってる部屋でのセルフ写真…。

等の、ヤバい奴を見つけるとテンションが上がるという、本来の利用方法とは違う遊びとして楽しんでいるw

職業・年収・恋愛に求める内容etc. 普段は見れないプロフィール内容から社会を知るコトが出来る点からも、大衆を知るという趣味として悪くない。

オススメのロジック

趣味のワードマッチングしかやってない印象。AIで相性の精度が良くなる的なコトになってる様だが、全く機能してない。

趣味が一致するだけで笑顔にならない。むしろ揉めるケースの方が多い。

趣味が一致しなくても民度が合えば付き合える と思うんだがな。そぉいうコトを書いてるヒトが全く居ないw

趣味が一致する程度で付き合っても、大半のケースでは人間性、すなわち民度の違いによってストレスを貯めるだけでしかない。誰しも何人かとは付き合った経験があるハズだが、何故分からないのだろうか?

実質、顔の好みでしか判断材料がお互いに無く、イケメンと美女がマッチングするだけのツールw

「我々はハナからおまけですっ♪」

で運営を潤わせているに過ぎない。

バカばっかり

正直

「やっぱりバカばっかだな~」

という印象なんで、特にメッセージも挨拶程度で終了w

女:「お話がしたいです」

コチラ:「電話しましょうか?」

女:「電話苦手なんですw」

とか、意味が分かんないんだよな。苦手だったら

「電話苦手なんで会ってお話出来ませんか?」

って話を振ってきた側が言うべきコトだと思うんだがなw

ただ我侭なだけ

俗に言う “愛されたい” ってのは分かるんだが、何を持ってして “愛されてると実感するか” が彼女らには無さそう。

“愛されたいなら、まずこちらから愛す”

ってな源流の理解もまぁ無いだろう。

要は採点にあたっての答えが無いのにテストに挑もうとしている状況だ。

で、結局求めてるコトは “何をしようがナデナデして欲しい” ってな幼稚な母性要求でしかないであろうと思う。

そぉいうのはある段階まで相互依存出来る期間があるかもしれないが、いずれ悪い形で終わるのである。

音楽

TSUTAYA渋谷のCDレンタル終了に伴って音楽サブスクに加入。

気軽に最近流行りの音楽をチェックしているが、元ネタが分かる楽曲が多い印象。

初音ミク全般、米津、BUMP OF CHIKEN、キロロ、わずかに倉木麻衣、Reol。といった楽曲からの影響を強く感じる曲が多い。

特に YOASOBI。全てコラージュという印象。まとめ方が非常に上手いから売れてるんだろうな。

そして全てカラオケで歌いやすそう。アレンジが皆似てる。

2024年の過ごし方

昨年は緩い抱負として

2023年は少し行動を変えて創作にも時間を割きたいと思っている。

ここ数年、貨幣獲得にリソース使い過ぎてたんで頭が飽きてきた んだよな。まだまだ貨幣獲得も大事だけど。

創作での経験が貨幣獲得にあたっての肥しにもなるし…という言い訳も成立させw 時間を割いてみようと思う。

という思いがあったが、一切やらず、むしろ貨幣獲得へ軸足が寄った感じだった。

一応創作(音楽)の環境は引越しに伴って整いつつあって、音源機材はそこそこ持ってる上に、

制作用モニターとミキサーも導入。ケーブル無いので繋いですらなくオブジェ状態なのだがw

…買い物としては年末年始の間の気分転換としてPS5 PSVR2を検討していた。(春までは仕事がっつりな予定なんで今はスルーした)

残念ながらリアルよりもゲームやVRの世界の方が文化的な可能性を感じるし、いくつかVR系のドメインは取得していて、将来何かやるかもしれないので、そろそろ体験出来る環境を整えても良い気分なのだ。

少なくても春までは貨幣獲得でやりたいコトが溜まってるので、それ捌いてからの貨幣獲得ペースによってどうなるかだな。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)